阿蘇神社周辺の「水基」を訪ねてみませんか❓

こんにちは、バッテン荒和です。

前回は阿蘇神社横参道沿いを食べ歩きましたが、もう一つ、この界隈で体験できるのが石や木で作られた「水基」と呼ばれる水飲み場の探索はいかがでしょうか?

 

阿蘇神社周辺には実に30カ所以上の「水基」が点在しているそうですが、なかには小さなものもあり、よほど気合を入れないと全てと出くわすのはなかなか難しいらしく、私も先日、食べ歩きしながらですが、何気に気付いた「水基」を写メに収めました。

いくつかの「水基」を巡っていますと、ユニークな名前の「水基」に出合うのですが、実は、これらの「水基」の名前は、それぞれの湧き水の所有者やお店が考えたもので、たとえば時計店にあるものは「竹沢(ちくたく)の雫」、銀行の裏にあるものは「金脈の泉」など、随所に遊び心も感じられる泉も多々ありました。

以下にどうぞ❢

↓「竹沢の雫」 時計屋さんの前にあるのでチクタクの名が‼

↓「金運の水」 銀行の入り口脇にあり、飲めば金運が上がる?

↓「金脈の泉」 銀行前の水基でこの湧き水のように資金も枯れない?

↓「的場の泉」 水基の中で一番、水くみには最適です‼

↓「文豪の水」 江戸時代の歴史家が昔、宿泊したらしいです。

↓「欣命水」 ’欣‘は喜ばしいという意味らしいです。

ところで話はかわり、自然界に存在する‘水‘と’火‘は両極に位置し決して交わることのない全く相反するものであります。

私共の身の回りだけでも、たとえばプラスとマイナス、男と女、陰と陽、善と悪、光と影、そして自然と人工などetc.

そこで、ここでいう‘水‘は北部九州の6つもの一級河川の源流であることで、文字通り「九州の水かめ」である潤沢な水を育み、一方その対極の’火‘はいうまでもなく中岳の活火山とが共に存在している阿蘇、そしてもう一つの事象である大自然と人間とが、いにしえより上手く調和し共生するというまさに奇跡的営み――つまり’自然‘と’人工‘の関係もまた、相反して決して争うことなく、また交わることのない両者が見事に調和し共存する奇跡の営みを是非、皆さん方の目で確かめられては如何でしょうか?

 

*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――

道路情報や店舗情報など道の駅阿蘇Facebook道の駅阿蘇ホームページでもお知らせしておりますのでご活用下さい。

道の駅阿蘇(NPO法人ASO田園空間博物館)

TEL:0967-35-5077

HPhttp://www.aso-denku.jp/

阿蘇市内の地図はコチラから

あかうしのあくび vol.37 ⇦最新号が出ました!

道の駅阿蘇は、9時~18時まで営業中。

道の駅阿蘇ネットショップ」で阿蘇の特産品絶賛販売中です!

*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――

 

 

 

カテゴリー: おすすめ, 道の駅阿蘇 ブログ   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

関連記事

西厳殿寺の火渡りの背景に西南戦争あり。

  こんにちは、バッテン荒和です。 昨日からの晴天で身も心もハレバレ気分全開です!! ところで、本日はここ『...

第二回『阿蘇ちょうちん祭』の点灯式が開催されました。

皆様こんにちは、ゆうです。 今回は第二回『阿蘇ちょうちん祭』をご紹介いたします。 4月6日(土)、一の宮中央駐車場にて、ちょ...

グリーンストック活動に当法人も賛同!!

こんにちは、バッテン荒和です。 本日は昨日、公益財団法人グリーンストックさんに当法人から金一封を寄付させて頂き、代表して山本章夫理...

クラシックカーに乗って颯爽と唐沢夫妻がやってきた!

こんにちは!バッテン荒和です。 唐突ではございますが、俳優の唐沢夫妻がこちら阿蘇にクラシックカーでさっそうと仲良くこられましたので...

阿蘇にもついにやってきた桜前線❣

こんにちは、バッテン荒和です。 いよいよ春到来を本格的に告げる桜の花見が今週末にもできそうですよ。 一昨日の27日に阿蘇も久...

豊後街道の一部、『二重峠(フタエノトウゲ)の石畳』の歴史におもわず惹かれた❣

こんにちは、バッテン荒和です。 先日『二重峠の石畳』に行って“豊後街道”の一部を実際に歩いてきましたので、たまには柄にもなくアカデ...

人気のブログTOP5