道の駅阿蘇 ブログ

スタッフがお届けする阿蘇の耳寄り情報!

「阿蘇ポタ2019」第1期が開催中!参加募集中🚴

みなさんこんにちは!ルカです!
今日は父の日。母の日に気を取られてしまって父の日忘れてませんか?
普段恥ずかしくて伝えられない感謝をこの機会にぜひ伝えてみてくださいね。

さて本日は、以前のブログでもご紹介しましたあのサイクリングイベントのご紹介第2弾です🚴

あのサイクリングイベントとは…そう!「阿蘇ポタ2019」!
6月1日から第1期がスタートしているこのイベント。


以前のブログ忘れちゃった😓、という方にもう1度ご説明を…
阿蘇市内に設置されたチェックポイント(サービス提供店・観光スポット)を周遊していただき、チェックポイントの写真を“道の駅阿蘇”LINE公式アカウントに送信することで、ポイントを獲得していくイベントです。
獲得したポイントが高い順に1位~3位までの方に、阿蘇の特産品や道の駅阿蘇の商品券がプレゼントされます🎁✨


また、Instagram・Facebookでフォトコンテストを行い、いいね数が多かった方にも賞品をプレゼント!#阿蘇ポタ2019でご自慢の写真を投稿してください📷

公道を走れる自転車ならどの自転車でも参加可能です🙆
スポーツ自転車で走りたい!という方は、道の駅観光案内所にて阿蘇市のレンタサイクルをしているお店をご案内しますので、お気軽にお問い合わせください。

【イベント詳細】
開催期間:〔第1期〕6月~7月 〔第2期〕8月~9月 〔第3期〕10月~12月 〔第4期〕1月~3月
※当日は、専用の「駐車許可書」を道の駅阿蘇観光案内所にてお渡しいたします。

詳しいイベント内容・お申込みはこちらをチェック!

参加費無料で、どうやって走るのかは自分次第!
みなさんのご参加お待ちしております。阿蘇市を走り回っちゃいましょう🚴💨

 

☆☆阿蘇アクセスルートのおススメはこちら!☆☆

☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*

道路情報や店舗情報など道の駅阿蘇Facebook道の駅阿蘇ホームページでもお知らせしておりますのでご活用下さい。

道の駅阿蘇(NPO法人ASO田園空間博物館)

TEL:0967-35-5077

HPhttp://www.aso-denku.jp/

阿蘇市内の地図はコチラから

あかうしのあくびvol.22

道の駅阿蘇は、9時~18時まで営業中。

道の駅阿蘇ネットショップ」で阿蘇の特産品絶賛販売中です!

.☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*

父の日(乳の日)に牛乳を贈ろうキャンペーン!!

みなさんこんにちは!ケイです!
明日は何の日でしょう!
これはみなさん、お分かりですかね?…父の日です👏
6月16日(日)ってみなさんご存知でしたか?世のお父さん方はきっと楽しみにされているのではないのでしょうか。

さて、本日は昨日行われました、6月14日(金)のイベントをご紹介します!
それは「父の日(乳の日)に牛乳を贈ろうキャンペーン」です!

これは語呂合わせで「父の日」に乳を掛けて酪農家の奥さん方が中心となり牛乳の普及活動のために行われたものです。
酪農家の皆様が愛情をこめて搾った牛乳をみんなに飲んでいただきたいという思いから始まりました。
始まりは熊本県大津町から、ちちの日の父と牛乳の乳を掛けて普及活動ができないかという酪農家の提案から始まったそうです。
今では、全国で活動が行われております。熊本県が先駆けなのですね。その発想の豊かさに敬服いたします。
イベントは6月14日(金)の10:00から12:00まで道の駅阿蘇にて開催されました。
阿蘇の酪農家の奥様方は無料で試飲をしていただき、「父の日に乳を贈ろう」とPRされていました。
道の駅阿蘇にご来場されたお客様お一人おひとりに手渡しで、牛乳を渡されていました。

スタッフもいただきました。


ご来場された先着100名ほどのお客さんは思わぬプレゼントに笑顔がこぼれていました。
牛乳といえば、「カルシュウム」ですよね。給食でも飲み物といえば牛乳が定番でしたよね。今思えば、一気に飲んでいたのがもったいなく感じます。もっと味わって飲んでおけば…と後悔します。
道の駅阿蘇では阿蘇の牧場で生産された、酪農家の皆様の思いが込められた様々な牛乳を販売させていただいております。
是非この機会にご購入をご検討されてみてはいかがでしょうか?お父さんの喜ぶ笑顔が見られるかもしれませんよ。

道の駅阿蘇では阿蘇の牛乳を使った乳製品をはじめ、お米や大人気のハム・ソーセージなどこちらもおいしいものがたくさんございます。

プレゼントのご購入をご検討の方!ぜひ今週末は道の駅阿蘇に!ご来場お待ちしております。

☆☆阿蘇アクセスルートのおススメはこちら!☆☆

 

☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*

道路情報や店舗情報など道の駅阿蘇Facebook道の駅阿蘇ホームページでもお知らせしておりますのでご活用下さい。

 

道の駅阿蘇(NPO法人ASO田園空間博物館)

TEL:0967-35-5077

HPhttp://www.aso-denku.jp/

阿蘇市内の地図はコチラから

あかうしのあくびvol.22

 

道の駅阿蘇は、9時~18時まで営業中。

道の駅阿蘇ネットショップ」で阿蘇の特産品絶賛販売中です!

 

.☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*

 

 

農林水産省『ディスカバー農山漁村(むら)の宝』サミットとマルシェに参加しました!

 みなさまこんにちは!道の駅阿蘇のAyakaです。
 本日の阿蘇地域は雨模様となっております。
 ようやく梅雨入りを迎えるのでしょうか…

 さて、今回は先週末東京で開催された『ディスカバー農山漁村(むら)の宝』サミットとマルシェのご報告をいたします。

 

 まず、『ディスカバー農山漁村の宝』についてですが、(ご存知の方もどうかお付き合いください。)

 「ディスカバー農山漁村の宝」とは、内閣官房と農林水産省が共催して行っている取り組みで、「強い農林水産業」、「美しく活力ある農山漁村」の実現のため、農山漁村の有するポテンシャルを引き出すことにより地域の活性化、所得向上に取り組んでいる優良な事例を選定し、全国への発信を通じて他地域への横展開を図るものです。

 もっと詳しく知りたい方はコチラ↓↓
 『ディスカバー農山漁村(むら)の宝 HP』

 平成29年11月には、私たちNPO法人ASO田園空間博物館(道の駅阿蘇)が第4回選定において「グランプリ」を受賞しました。

 また、昨年度は同じく選定地区である株式会社成美さんとのコラボでレトルト商品『阿蘇あか牛肉めしの素』を開発し、道の駅阿蘇で販売を開始しました。これについては、安倍首相が『ディスカバー農山漁村の宝』の成果の一つとしてサミットで上映されたビデオメッセージの中で触れられました。
 選定地区同士が交流を深める中で進めることができた共同事業。今後も全国の選定地区が協力して新しい商品や新たな事業モデルができると、とても面白いことになると思います!!

 

 

 さて、6月7日(金)に東京・赤坂にある「東京ミッドタウンホール」で開催された『ディスカバー農山漁村の宝』サミット。
 びっくりするほど大規模なイベントでした。

 14時からスタートしたサミットでは、俳優の永島敏行氏や三國清三シェフによる記念講演の他、初の取り組みである『ディスカバー農山漁村の宝』アンバサダーの最終審査、そして、第1回目(2014)~第5回目(2018)に選定された団体の中から選ばれる大賞の発表などが行われました。
 盛りだくさんですね!

 アンバサダーの最終審査では、最終選考に選ばれた都道府県の「よしもと住みます芸人」のみなさんも応援に駆けつけて下さいました!

 また、進行役に同じく吉本興業よりキクチウソツカナイ。さん、スペシャルゲストにロバートの馬場裕之さんという錚々たるメンバー。

 道の駅阿蘇ことASO田園空間博物館からも最終候補者を選んで頂いておりましたので、熊本の住みます芸人「もっこすファイヤー」さんとも共演することができました!!応援ありがとうございました!!

審査の結果、アンバサダー・グランプリに佐伯絵里子さん(宮崎県:株式会社高千穂ムラたび)、準ブランプリに鈴木至さん(宮城県:若手農家)が選ばれました。おめでとうございます!!

 残念ながら当方からは選ばれませんでしたが、阿蘇のPRをするよい機会となりました。

 楽屋では、最終候補のみなさんと地元ネタを語らい、お互いの取り組みを知ることができたことが一番の思い出です。林業、商品開発、農業、行政の立場からの地域振興…と業種は様々ですが、みなさん、将来の地域を担う有望な方々でした。今後の活躍を祈念いたします☆

 また、『ディスカバー農山漁村の宝』第1回~第5回の大賞には、みかんの六次産業を手掛ける「株式会社 早和果樹園」さん(和歌山)が選ばれました。
 みかんジュースやドライフルーツ等々の商品がとても気になります。

 サミット終了後は交流会が開催され、全国から集まった方々と情報交換などができ、たくさんの方とお話しする中で、各地でいろいろな取り組みが展開されていることを知ることができました。

 何と!菅官房長官や片山大臣も会場に来てくださったようで…
 思わず記念写真。


それから、アンバサダーのクイーンになられた佐伯さんとも。
 高千穂で活躍されていますので、阿蘇・高千穂間のローカルネタでも盛り上がりました☆

 翌日は有楽町駅前で『ディスカバー農山漁村の宝』マルシェに出展。

 今回は、『阿蘇あか牛肉めしの素』とパン工房豆の木さんの『阿蘇木の実のパネトーネ』を販売しました。いずれも東京では販売していない特撰品。道行く人にしっかりとご紹介させて頂きました!

 こちらは同じ九州より参加の「福岡県立福岡農業高等学校食品科学科梅研究班」のお二人。今回、唯一の学生参加者でした。
 全国各地の高校生の活躍に驚いている今日この頃です。

 私は初めてマルシェに参加しましたが、“熊本出身”とか“若い頃熊本に住んでいた”など、熊本に縁があった方がたくさん来場され、マルシェの最中に私たちに声をかけてくれて応援して下さったことが本当に嬉しかったです。

 

 2日間にわたるサミットとマルシェ。
 たくさんの人と出会えることができ、学びの多い充実した時間を過ごすことが出来ました。
 農水省をはじめとする主催者のみなさま、本当にお疲れ様でした。

 

 

…本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

 

☆☆阿蘇アクセスルートのおススメはこちら!☆☆

 

 

☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*

道路情報や店舗情報など道の駅阿蘇Facebook道の駅阿蘇ホームページでもお知らせしておりますのでご活用下さい。

 

道の駅阿蘇(NPO法人ASO田園空間博物館)

TEL:0967-35-5077

HPhttp://www.aso-denku.jp/

阿蘇市内の地図はコチラから

あかうしのあくびvol.22

 

道の駅阿蘇は、9時~18時まで営業中。

道の駅阿蘇ネットショップ」で阿蘇の特産品絶賛販売中です!

 

.☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*

 

 

お待ちかね!コルナゴ部長レポート第1弾!🚲

今月より道の駅阿蘇サイクルアドバイザーに就任していただいたルナゴ部長こと中尾公一さんに、「阿蘇牧野RIDEモニターツアー」の模様をレポートしていただきました~🚲🚲🚲

 

阿蘇の自然や景観を活用した阿蘇牧野(あそぼくや)ライドが、各地で推進される景観や風光明媚さを活用したサイクルツーリズムの参考になると、一般社団法人九州スポーツツーリズム推進協議会より、九州各地において様々な立場でサイクルツーリズムに取り組む行政担当者に呼びかけ「阿蘇牧野RIDEモニターツアー」が5月25日から26日の1泊2日で開催された。

25日(土)13時に道の駅阿蘇に集合し、参加者紹介・コース内容及び注意事項の説明のあと、下荻の草牧野へ移動しMTB(マウンテンバイク)にて牧野ライドを体験、その後、夕食を兼ねた意見交換会は、阿蘇を訪れる自転車乗りに人気の精肉店カルキフーズにてBBQを開催、終了後はオプション参加で星空ツアーも行われた。

26日(日)5時に道の駅阿蘇に集合し大観峰へ早朝の雲海ライド、朝食後は阿蘇でサイクルアクティビティを提供するトリムカンパニーのプログラムによりマゼノ渓谷をMTBで体験し、道の駅阿蘇で昼食のあと意見交換会をもって終了となった。

阿蘇側の受け入れは、ガイドのトリムカンパニー橋本さん安倍さん、阿蘇市武城さん、道の駅阿蘇下城さんと、6月より道の駅阿蘇サイクルアドバイザーに就任した私、中尾である。

 

牧野とは阿蘇の広大な草原農地を指し、牛を放牧し餌となる牧草を採取する野原のことである。その阿蘇の草原をトレッキングやMTBを楽しむ人たちに開放し有効活用しようする取り組みが一昨年より始まり、専門の講習を受けたガイド付きで立ち入ることが可能となった。ガイド料の一部は阿蘇の牧野の維持管理費に充てられる。草原を走ることによって、年々減少する草原の再生に協力できる牧野ライドは2018年12月からスタートした。

 

牧野には牛が放牧されており、通常立入禁止のため防疫対策上、牧野ガイドの指示のもと、靴やタイヤの石灰による消毒を必ずしなければならない。また、家畜の誤食(反芻できなくなり痩せて商品の価値がなくなる)を防ぐためレジ袋や携帯品はもってのほか、飴の包紙でさえ牧野に残さないよう厳重に注意しなくてはならない。

 

参加者にはレンタルのMTBのほか2台のe-bike(電動アシスト自転車)も用意した。自転車は楽しいスポーツだが、長く走ったり坂を上がったりするのが苦手の方にもe-bikeは自転車の楽しいところだけを切り取って遊ぶことができる。これからのサイクルスポーツの推進には欠かせないユニバーサルな自転車の体験も準備した。

 

いよいよ阿蘇くじゅう国立公園というビッグスケールなスタートラインに立つ。
前方に九重連山、後方に阿蘇五岳が屏風のように立つ絶景に参加者も緊張のほぐれ満面の笑顔になる。

 

スタート!
コースは初めての方でも初心者用コースだったらゆっくり走れば安全に楽しめる。上級者はスピードを上げればスリル感溢れる走りができるし、ちょっと脇道に入ると上級者のコースもあり、初級者上級者が混在して楽しめるところがこのツアーのいいところだ。
また、MTBに熟練した九州各地のサイクルショップ店長も牧野ガイドのメンバーで、専門家の意見を参考に安全にスリルを楽しめて自然を壊さないコース作りも配慮されている。

 

 

難所や面白そうなポイントに挑む前に、実力に応じてどう走ればいいかガイドがアドバイスしたり、そこをクリアしたら自然に出る満面の笑顔をガイドや仲間同士で気兼ねなく写真に撮ったりもできる。誰もいない貸し切りの山の中だからこそ、好きなことが好きな瞬間に出来るのも草原ライドの楽しさであり公道を走るサイクリングの違いでもある。

 

たとえコケても草原の草や柔らかい土なので、公道のアスファルトの危険度とは雲泥の差。それに当然ながら最大の危険な相手となる車両が皆無というのも参加者全員の安全性は高い。

 

終盤には変化に富んだコースにも慣れて、初心者の方も見違えるように悪路を走破されていた。これがMTBを楽しんでもらえた何よりの証拠でありリピートにつながる。

 

公道を走るサイクリングと違う点は走行時間にもある。短い距離に変化のあるポイントが多いので、短時間でも濃縮した気分になって、2~3時間走っただけでも十分楽しめるところが草原ライドのいいところだ。このようなことも滞在時間が限られる旅行者を対象としたサイクルツーリズムにMTBツアーが適した点ではないかと思う。

 

夕食を兼ねた交流会は道の駅阿蘇に近い精肉店カルキフーズさんの庭でのBBQだ。
道の駅阿蘇ではサイクリツーリズムの実証の試みとして、旅館型・キャンプ地のバンガロー型・ゲストハウスや公民館型と、多様なニーズに応えるべく宿泊施設を変えてきた。その際に食事付きの旅館以外ではバンガロー型はカルキフーズさんによるBBQの出張、ゲストハウスや公民館型ではカルキフーズさんの庭でBBQを行ってきた。そもそも非日常的体験を期待して来られているならば、現地の新鮮な食材を簡単な調理法で現地の人と交流しながら楽しむのもニーズとして考えられるのではないだろうか。単なるサイクリングでは魅力に欠けるし、旅行者の立場になった上で従来のサイクルツーリズムに欠けるピースを埋めていかねばならない。

 

キャンプ場ではなく自分の実家や親戚の家のような印象が期待度を高める。

 

カルキさんのBBQは一人分ずつそれぞれの部位がパックになっており、自分のペースで自分で焼いて食べる方式。これだと遠慮なく食べれるし、焼け焦げて無駄になる残飯もない。

 

今回は特別に地元サイクルショップ「Nao’s Base」オーナーで、阿蘇サイクルツーリズム学校「コギダス」協議会会長、そしてバイクトライアルプロライダーでもある松山直樹君が交流会の場でトライアルショーを見せてもらった。このように地元人材を生かし報酬を得る場を設けることもサイクルツーリズムの利点である。

 

翌朝の26日5時に道の駅阿蘇に集合し17km先の大観峰へ雲海ライドに行った。
早朝ライドは国道でも車が少なくサイクリングには絶好の時間帯である。もちろん清々しい中でのサイクリングは気持ちもいい。それに泊まらないとこの時間での参加は難しい。参加者が多くても地域の人に迷惑もかけない。ということで阿蘇におけるサイクルツーリズムは、安全な公道での早朝ライドと、草原ライドの組み合わせを基本に提案することがベストではないかと思う。

 

ミルクロードに通じる国道212号線の中腹にある山田展望所。
自転車で大観峰に上るには休憩ポイントでもあったが、杉やヒノキの植林で覆われ何も見えない展望所となっていた。そこで阿蘇市に働きかけたところ、ASO環境共生基金を用いた事業で樹木を伐採し従来の姿に戻してもらうことが出来た。その結果、観光客も立ち止まるようになって新たな観光スポットになった。加えて、地元の年配の方も昔の景色を懐かしんで多く立ち寄られるようになった。このようにサイクルツーリズムのスポットは、新たに作るのではなく本来の景観に戻すということで観光客と地元が共に楽しむことができる相乗効果も得ることができる。車窓からの点の視線ではなく、自転車という歩きに近い線の視線により新たなスポットを探し当ててくれるはずだ。

 

大観峰到着、残念ながら雲海は出なかったが、早朝の阿蘇平野の美しい景色を見ることができた。
しかし、それ以上の感動は自分の足で上って得た達成感であり、このことが何よりも忘れられない記憶になる。

 

早朝ライドを終え9、時に道の駅阿蘇に再び集合し、トリムカンパニーのプログラムツアーのマゼノ渓谷へ。
眩しいほどの広葉樹の新緑と草原の緑が素晴らしい。ウグイスの澄んだ鳴き声だけが響き渡る。

 

上りはe-bikeの強みだ。
後ろから淡々と息も上がらずに巡航速度も落ちない。

 

さあ、ここからダウンヒル
ガイドの橋本君が距離を空けて走ることを喚起。

 

最高の気分!

 

視界が広がるとここは気持ちがいい

 

そしてダウンヒルで森の中へ

 

このスリル感がたまらない

 

初心者でも十分楽しめる

 

e-bikeの女性も笑顔でダウンヒル

 

みなさん大満足で森の中を走られた。

 

ちょっと暑くなったのでマゼノ滝へ

 

浅い川に挑戦

 

最初はあと一歩が踏み出せなかった方も、子供の頃を思い出して無邪気に楽しまれた。

 

参加されたみなさん大満足の様子だった。
それぞれ体験されたことを職場に持ち帰り、健康増進、健康寿命を伸ばし病気知らずで家庭円満、しいては医療費の削減などなど自転車のもたらす効果は絶大なエコスポーツだ。自転車のイベントに参加すると、60歳代のカテゴリーは当然あるし、70代、80代の方も参加されている。これからの社会にぴったりのスポーツではないだろうか。

 

現在許可を得ている牧野は2箇所で、午前中の下荻の草牧野は年間通して走れるが、もう一箇所の町古閑牧野は放牧期間外の冬季に限られ、やがて許可が取れる3箇所目は年間通して利用できる。今後このように利用できる牧野を道の駅阿蘇では増やして行く予定だ。

今回利用したマゼノ渓谷はトリムカンパニーが許可を取ったコースのひとつで、季節に合わせていろいろな組み合わせで楽しめるのも阿蘇ライドの魅力だろう。
また、早朝ライドの大観峰へは持参されたロードバイクの方あったが、トリムカンパニーのプランには、大観峰でMTBに乗り換えてダウンヒルは未舗装路を走るというものや、牧野までロードで自走し、現地でMTBに乗り換え、終わったらまたロードでサイクリングを楽しむという方法も何度も検証し、実際に行われた「RIDE AID in ASO」では大好評だった。

 

このように管理された利用により牧野を保全しその資金も確保する。牧野ガイドという仕事により雇用が発生するとともに環境保全意識の向上が民間にも広がリ、しいては阿蘇観光環境の向上につなげていく。このように環境・社会・経済の3つの観点から持続可能にしていくサステナビリティが牧野ライドの取り組みの目指すところである。

私は過去2施設12年間の旅館業においてブログで自転車の情報を発信し多くのサイクリストに来ていただいた。そしてみなさんと接した経験から道の駅阿蘇が主催する新たな観光資源を活用するための宿泊を兼ねたサイクルツーリズムのお手伝いしてきた。
それは宿泊地を一般的な旅館・ホテルだけではなく、キャンプ場やバンガロー、ゲストハウスや公民館など、一人旅だったり、カップルやグループ、チーム合宿など、多様なニーズに応え、一過性ならないよう年間を通して土地に根付かせ、どうすれば来てもらえるかということを目的としてきた。

今回は低予算で参加できる泊食分離のゲストハウス型で、交流会を兼ねた夕食は自転車乗りがオーナーでサイクルイベントの際によく利用する地元精肉店でのBBQとし、肉類以外の飲み物やパンをなど食材は、オーナーの手配で近所の商店から用意された。このように何らかの形で地元とふれあいお金を落とす仕組みも大切で、サイクルツーリズムの第一歩はサイクルラックではなく、地域の人を巻き込むことである。そして自転車乗りが風景の一部になる地域作りを目指すことがサイクリストを歓迎する証だと思っている。

 

道の駅阿蘇サイクルアドバイザー

中尾公一

 

 

☆☆阿蘇アクセスルートのおススメはこちら!☆☆

 

☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚

道路情報や店舗情報など道の駅阿蘇Facebook道の駅阿蘇ホームページでもお知らせしておりますのでご活用下さい。

 

道の駅阿蘇(NPO法人ASO田園空間博物館)

TEL:0967-35-5077

HPhttp://www.aso-denku.jp/

阿蘇市内の地図はコチラから

あかうしのあくびvol.22

 

道の駅阿蘇は、9時~18時まで営業中。

道の駅阿蘇ネットショップ」で阿蘇の特産品絶賛販売中です!

 

.☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚

 

 

 

道の駅阿蘇の、大きなキャベツ!!

 皆さまこんにちは。マッキーです!
本日の阿蘇は、とってもいいお天気☆彡
青空が見えています( ´∀` )
このお天気で、阿蘇の夏野菜がスクスク育ちますね~。
今日は店頭に、こんなに大きなキャベツが並んでいますΣ(・□・;)

 

ウチのスタッフの顔よりも、二回り程大きな立派なキャベツ。この大きさでおいくらでしょう?
なんと150円です!!安っ
数に限りがあります。お早めに~

 

その他、ナスにトマトと並び始めました!!

 

家庭菜園用に、ミニトマト苗(200円)・バジル苗(100円)等もありますよ。。

いかがでしょうか?

皆さまお待ちかねの「スイートコーン」はもう少し時間がかかりそうです(´;ω;`)

乞うご期待!!

 

☆☆阿蘇アクセスルートのおススメはこちら!☆☆

 

 

☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*

道路情報や店舗情報など道の駅阿蘇Facebook道の駅阿蘇ホームページでもお知らせしておりますのでご活用下さい。

 

道の駅阿蘇(NPO法人ASO田園空間博物館)

TEL:0967-35-5077

HPhttp://www.aso-denku.jp/

阿蘇市内の地図はコチラから

あかうしのあくびvol.22

 

道の駅阿蘇は、9時~18時まで営業中。

道の駅阿蘇ネットショップ」で阿蘇の特産品絶賛販売中です!

 

.☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*

 

 

雨の日でも楽しめる観光スポット☔

みなさんこんにちは!ルカです!
さて、1993(平成5)年の今日、何が行われたかみなさん覚えてますか?
当時皇太子だった令和天皇徳仁陛下と小和田雅子さんのご結婚の儀が執り行なわれました。
成婚パレードには沿道に19万人の市民が集まり、テレビ中継の最高視聴率は79.9%を記録するなど、日本全国が祝賀ムードに包まれたそうです。
新元号になって1ヶ月が経ちました。最近月日が経つのが早いなと感じます…
1日1日大切にしていきたいですね。

さて本日は、もうすぐ「梅雨」ということで、雨でも楽しめるスポットをご紹介します✨
まず1つ目!『阿蘇火山博物館


阿蘇山の成り立ちや、四季折々の阿蘇山の風景、阿蘇五岳の事を知りたい人にオススメのスポット!噴火警戒レベルが2のため、現在(6月9日)では火口の見学は出来ませんが、博物館内にカフェやお土産を買えるスペースもありますので、ぜひお立ち寄りくださいませ。

2つ目!『阿蘇神社』&『阿蘇門前町商店街


全国的にも珍しい横参道の『阿蘇神社』。そして、その参道を抜けると『阿蘇門前町商店街』があります。
門前町商店街には、「水基」と呼ばれる水飲み場が36か所あるので、傘をさし雨の音を楽しみながらぶらぶらと「水基めぐり」を楽しんでみてはいかがでしょう?また、門前町商店街には食事処や雑貨屋さんなどがありますので、雨宿りもしつつ、楽しんでみてくださいね。

3つ目!『内牧商店街』


内牧商店街には、あか牛丼で有名な「いまきん食堂」さんや、「パティスリー・ド・アソ MIYUKI」さんなど、カフェや食事処がたくさんあります。
また、内牧商店街は温泉街となってますので、雨でぬれてしまったら日帰り温泉に入って体を温めて帰られてはいかがでしょうか?

他にも雨でも楽しめるスポットがあります。
「オススメスポットを知りたい!」と思われた方は、ぜひ道の駅阿蘇観光案内所スタッフに気軽にお尋ねくださいませ。
きっと、あなたのお気に入りスポットが見つかるはず!

 

☆☆阿蘇アクセスルートのおススメはこちら!☆☆

☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*

道路情報や店舗情報など道の駅阿蘇Facebook道の駅阿蘇ホームページでもお知らせしておりますのでご活用下さい。

道の駅阿蘇(NPO法人ASO田園空間博物館)

TEL:0967-35-5077

HPhttp://www.aso-denku.jp/

阿蘇市内の地図はコチラから

あかうしのあくびvol.22

道の駅阿蘇は、9時~18時まで営業中。

道の駅阿蘇ネットショップ」で阿蘇の特産品絶賛販売中です!

.☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*

二重の峠ーミルクロードルート 国道57号線 迂回ルート

 こんにちは、道の駅阿蘇のケイです。明日までは曇りの予報となっていますが、月曜日からはしばらく晴天が続く模様です。昨日、東北南部が梅雨入りしました。西日本より先というのは22年ぶりのことだそうです。熊本の梅雨入りはまだ先のようですね。
 梅雨といえば、紫陽花ですが、通勤途中に咲いているのを見かけました。”紫陽花は咲き始めの頃は白っぽく、次第に色が変ってくることから「七変化」とも呼ばれる”そうです。土壌のpH(酸性度)成分で色が変わります。この紫陽花はどんな色になるのでしょうか。

さて、本日は、お問合せが多い国道57号線の迂回路の1つ「ミルクロードルート」をご紹介します。

阿蘇駅前の交差点

阿蘇駅前の交差点を右折して、57号線に入り、直進します。
車で3分ほどで赤い大きな提灯が目印の郷土料理のお店「山賊旅路」さんが左手に見えてきます。
こちらはTV番組でも紹介された有名店で、お米から高菜漬けまで自家製のものを使用され、ボリューム満点のだご汁が自慢のお店です。

さらに5分ほど進まれますとこちらも郷土料理のお店「ひめ路」さんが左手に見えてきます。
こちらの自家製コシヒカリを使用した高菜飯は絶品です。あか牛料理からうどん・そばまで…迷います。


しばらくすると、熊本県警の道路掲示板が見えてきます。


長時間の運転にはくれぐれもご注意ください。

そのまま直進すると、セブンイレブンさんが右手に見えてきます。右折です。
二重の峠(23号線)ーミルクロードルート(339号線)に入ります。


あとは、道路標識に従って進んで下さい。


道の駅阿蘇から大津の57号線へ出るまで、目安時間は40分程です。
交通量にもよります。詳細は国土交通省の下記のサイトでご確認ください。

www.qsr.mlit.go.jp/kumamoto/bousai/road_live/milk_road.html

二重の峠には展望所がございます。休憩の際はお立ち寄りください。
お時間がある方は、近くに 道の駅阿蘇こと、ASO田園空間博物館のサテライトにもなっている二重峠の石畳があります。
こちらは、豊後街道の一部で、今も石畳が残されており、国史跡指定もされています。

展望所の近くには湧水が流れています。

それでは、皆さん、素敵な週末をお過ごしくださいませ。

 

☆☆阿蘇アクセスルートのおススメはこちら!☆☆

☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*

道路情報や店舗情報など道の駅阿蘇Facebook道の駅阿蘇ホームページでもお知らせしておりますのでご活用下さい。

 

道の駅阿蘇(NPO法人ASO田園空間博物館)

TEL:0967-35-5077

HPhttp://www.aso-denku.jp/

阿蘇市内の地図はコチラから

あかうしのあくびvol.22

 

道の駅阿蘇は、9時~18時まで営業中。

道の駅阿蘇ネットショップ」で阿蘇の特産品絶賛販売中です!

 

.☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*

 

『碧水ホタルの里 ホタルツアー』開催します☆

こんにちは。道の駅阿蘇のNORIです。

 

毎年恒例となっています『碧水ホタルの里 ホタルツアー』、いよいよ今年もまもなく開催しますよ~♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

第201回阿蘇市をさるこう!

「碧水ホタルの里 ホタルツアー」

★開催日:5月31日(金)、6月1日(土)、

     6月7日(金)、6月8日(土)、

     6月14日(金)、6月15日(土)

★受付:19:50~20:00

★集合場所:YMCA黒川保育園 (阿蘇市黒川1708-1)

★参加費:無料(保険付) ※申込み不要   

★持参物:懐中電池

★所要時間:約1時間

★その他

・雨天またはホタルの状態によっては中止となる場合があります。

・小さなお子様は保護者同伴でご参加下さい。

【問合せ先】碧水ホタルの里 嶋村 090-9769-6296

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

阿蘇駅近くの北黒川地区は、昔から「ホタルの里」と呼ばれ、阿蘇の“碧水(ヘキスイ=青々と深く澄んだ水)”に恵まれた水の名所です💧💧💧

 

地元有志が2008年に設立した「碧水ホタルの里」が、年数回の河川や用水路の清掃、ホタルの養殖のボランティアを行い、そのおかげで、今では以前のように、たくさんのホタルが夜空に乱舞する美しい光景が蘇りました✨

 

今年も「碧水ホタルの里」メンバーが、初夏の阿蘇を彩る幻想的な世界に、みなさんを楽しくご案内します♪

 

ちなみに、集合場所のYMCA黒川保育園 (阿蘇市黒川1708-1)は、3年前に移転しており、ナビによっては、旧園舎を案内してしまうことがあります。

万が一、旧園舎の方に辿り着かれた場合は、以下の地図を参考に、集合場所までご移動ください。

現在の園舎までの距離は、車で4分程です。

受付時間に間に合わない場合などは、下記の連絡先までお電話下さい。

【問合せ先】碧水ホタルの里 嶋村 090-9769-6296

 

みなさんもご一緒に、阿蘇の爽やかな初夏の夜を満喫しましょ~✨

 

☆☆阿蘇アクセスルートのおススメはこちら!☆☆

☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*

道路情報や店舗情報など道の駅阿蘇Facebook道の駅阿蘇ホームページでもお知らせしておりますのでご活用下さい。

 

道の駅阿蘇(NPO法人ASO田園空間博物館)

TEL:0967-35-5077

HPhttp://www.aso-denku.jp/

阿蘇市内の地図はコチラから

あかうしのあくびvol.22

 

道の駅阿蘇は、9時~18時まで営業中。

道の駅阿蘇ネットショップ」で阿蘇の特産品絶賛販売中です!

 

.☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*

 

道の駅阿蘇のフレッシュマン!!

皆さまこんにちは。マッキーです☆
今日は雨が降っている阿蘇ですが、皆さまのお住まいの地域はいかがでしょうか?お出かけの際は十分、お気を付けください。
雨が降ると気分的に沈みがちですが、この時期の雨は、農家の方々にとっては、恵みの雨と昔から言われます。田植えが始まる時期だからこそ、水が必要なのですね。
梅雨が上がると、道の駅阿蘇には今以上に夏野菜が豊富に揃います。
本日は、レタス・キャベツ・じゃがいも・ズッキーニ・にんにく・玉ねぎ等が並んでいます。


7月になれば、皆さまお待ちかねのブルーベリー・スイートコーン・トマト・地きゅうり・ひごむらさき・おかひじき・ゴーヤ等(その他もろもろ)が並びます!!楽しみですね~☆彡
新鮮なお野菜がもっと豊富に揃うまで、今しばらくお待ちください。
そして、今、道の駅阿蘇で新鮮なものは!!
超~!!!フレッシュマンが入りました☆彡

 

展示販売員の「藤田 美来さん」です。
お客様の商品をレジに通すときに発見した、
藤田さんの気になるモノ(商品)!
やっぱりコチラ♡2キロ7,000円の中山さんのお米だそうで、お給料もらったら早速買っちゃおう!!と狙ってるそうです(笑)
「早く道の駅阿蘇の商品を覚えたいです!!」と頑張っている藤田さんに、皆さまぜひ会いに来てくださ~い!!

 

 

 

☆☆阿蘇アクセスルートのおススメはこちら!☆☆

 

 

☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*

道路情報や店舗情報など道の駅阿蘇Facebook道の駅阿蘇ホームページでもお知らせしておりますのでご活用下さい。

 

道の駅阿蘇(NPO法人ASO田園空間博物館)

TEL:0967-35-5077

HPhttp://www.aso-denku.jp/

阿蘇市内の地図はコチラから

あかうしのあくびvol.22

 

道の駅阿蘇は、9時~18時まで営業中。

道の駅阿蘇ネットショップ」で阿蘇の特産品絶賛販売中です!

 

.☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*

道の駅阿蘇「花の日」。YMCA黒川保育園のみなさんからお花をた~っくさん頂きました!

 みなさまこんにちは!道の駅阿蘇のAyakaです。
 本日の阿蘇地域は青空が広がっております。

 午前中はJRクルーズトレイン「ななつ星」も来ておりました。

 そんな6月の水曜日でございますが、今日はかわいいお客様がた~くさん来てくれたのでご報告いたします。

 そう、先日の田植え体験でも一緒に楽しんだYMCA黒川保育園の園児たちが「花の日」にちなんで、お花をたくさん持ってきてくださいました!

 今日来てくれたのは、すずらん組(年長)のみなさん。
 園長先生のごあいさつの後、まずは大きな花束を道の駅阿蘇スタッフのフランクへ。

 その後、園児のみなさんからピンクの可愛いお花を頂きました。

 そしてみんなで記念撮影。

 みなさん、ありがとうございます!!
 また来てくださいね!!

 頂いたお花は道の駅阿蘇の休憩室などに飾っておりますので、お立ち寄りの際はぜひご覧ください。

 

 

 

…本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

 

☆☆阿蘇アクセスルートのおススメはこちら!☆☆

 

 

☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*

道路情報や店舗情報など道の駅阿蘇Facebook道の駅阿蘇ホームページでもお知らせしておりますのでご活用下さい。

 

道の駅阿蘇(NPO法人ASO田園空間博物館)

TEL:0967-35-5077

HPhttp://www.aso-denku.jp/

阿蘇市内の地図はコチラから

あかうしのあくびvol.22

 

道の駅阿蘇は、9時~18時まで営業中。

道の駅阿蘇ネットショップ」で阿蘇の特産品絶賛販売中です!

 

.☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*

 

 

人気のブログTOP5

新着情報

2019.06.16

「阿蘇ポタ2019」第1期が開催中!参加募集中🚴

みなさんこんにちは!ルカです! 今日は父の日。母の日に気を ...

2019.06.15

父の日(乳の日)に牛乳を贈ろうキャンペーン!!

みなさんこんにちは!ケイです! 明日は何の日でしょう! ...

2019.06.14

本日の最終日のホタルツアー、開催が決定しました~!! ...

2019.06.14

農林水産省『ディスカバー農山漁村(むら)の宝』サミットとマルシェに参加しました!

 みなさまこんにちは!道の駅阿蘇のAyakaです。  本日 ...

2019.06.12

お待ちかね!コルナゴ部長レポート第1弾!🚲

今月より道の駅阿蘇サイクルアドバイザーに就任していただいたコ ...