町古閑牧野:見渡す限りの山、そして草原

阿蘇から高森に向かう国道265号線沿いには、見渡す限りの広大な草原が広がっています。これらは、地元の団体によって管理されている私有地であり、主に家畜の餌や放牧に使用されている牧野です。美しい景観に加え、地域の神話を育む特殊な形をした岩があり、訪れる人の好奇心を惹きつけています。

この場所は「町古閑」と言われています。

 

 

牧野は阿蘇の宝の一つであり、常にメンテナンスが必要です。残念ながら、この牧野を管理する人は年々減少の一途をたどっています。市原啓吉さんは管理する一人で、私は彼と一緒に「町古閑」のガイドツアーに参加することで、牧野の実情を学びながら、草原を楽しむことができました。

 

 

最初に見学した場所は丘の上で、近くの根子岳の雄大な景色が見えました。写真を見ると、「草小積み」と呼ばれる藁の山のようなものが確認できます。これは、牛の飼料として使用するために、草を保存する伝統的な方法です。残念ながら徐々に減少している風物詩ですが、秋から春先にかけて、まだ阿蘇地域で見ることができます。

https://www.aso-denku.jp/event/2021/01/0129kusakozumi/

 

 

次に場所を移動して、「牧野」の管理の問題点についてお話を伺いました。毎年この広大な草原は、雑木林になるのを避けるために2月から3月頃には、草原に火が入れられます。野焼きと呼ばれる活動です。毎年、ボランティアとして野焼きに参加する人の手を必要としています。新鮮な牧草を育てることができるので、これらのエリアを放牧に利用しています。

 

 

地元農家が放牧などに利用するため、普段は許可がないと入れない町古閑牧野ですが、特別に入ることが許された案内人(牧野ガイド)が“歩く”、“サイクリング”を通じて、ここでしか体感できない体験を、皆様に提供する事業が平成30年度よりスタートしています。もっと詳しい情報は牧野ガイドのホームページをご覧ください。

https://www.aso-denku.jp/bokuyaguide/

 

 

ご紹介したように、町古閑には国道から見える珍しい形の石もあります。人面岩は、太陽の位置や日陰によって特徴が強調された人間の顔の形をしています。一時、小泉元首相の顔に似ているという声もありました。箱石はその名の通り重箱を三つ重ねた箱の形をしています。

 

 

町古閑牧野は自然が好きな人にはたまらない牧野です。阿蘇に来るときはぜひ町古閑牧野も楽しんでください!

 

 

■町古閑牧野(人面岩)

 

フランク

カテゴリー: おすすめ旅スポット, 道の駅阿蘇 ブログ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

関連記事

道の駅阿蘇の春のイベント「ワラビ狩り」のお知らせです♪

4月23日(土)の週末は阿蘇山で春を満喫しませんか? 道の駅阿蘇の春の人気イベント、ワラビ狩りを致します!2年振りの復活です&#x...

コルナゴ部長こと中尾公一さんレポート「2022年野焼きレポート」

阿蘇の春の祭典「野焼き」も無事終了し、新緑の季節が待ち遠しい季節となりました。 今年は順延もなく、予定通りに野焼きを開催することが出来...

人生初めての野焼き体験~野焼きは私たちの命をまもること~

みなさん、こんにちは、キララです(^^♪ ただいま、阿蘇は野焼きの時期。先日、人生初めての、野焼き体験をしてきました!! 日...

2月23日 野焼き体験イベントのお知らせです!

こんにちは。テアです。   春の阿蘇といえば野焼き。1000年以上続く草原を再生し、維持するために行われています。...

コルナゴ部長こと中尾公一さんレポート「まだできる草原のスノーライド」

阿蘇山の雪をマウンテンバイクで走る草原ライド。コルナゴ部長もガイドです。前半はちょうど5年目になったツアーのコースが出来るまでの裏話、後...

「スポーツ文化ツーリズムアワード2021」受賞の表敬訪問致しました

こんにちは!テアです。 道の駅阿蘇・田園空間博物館の「牧野ガイド事業」はスポーツ庁、文化庁、観光庁の「スポーツ文化ツーリズムアワー...