第4弾 阿蘇満喫モニターライド はげの湯編

道の駅阿蘇サイクルアドバイザーのコルナゴ部長こと中尾公一さんに、4回目の「阿蘇満喫モニターライド」をレポートしていただきました。
最後には、5回目の「阿蘇満喫モニターライド」のご案内もあるので、ぜひチェックしてくださいね

4回目の阿蘇モニターライドを下城さんと井上君と私の3人で案内してきた。
前日から天気が思わしくなく、開催か中止か迷ったが、午前中雨なら中止、天気次第ではショートカットになるかもしれないと事前に連絡し開催した。そのためか県外の方はキャンセルされ今回は県内の方4名の参加となった。

人数には関係なくやっているので今後もひとりでも参加者があれば一緒に走ろうと思っている。阿蘇山へ行く坊中線・赤水線は降灰によってクルマが通ると火山灰が舞い上がり、風向きに関係なく自転車で行くにはおすすめできない。よって今のところコースから外して阿蘇山の近くからでは日ノ尾峠や箱石峠が定番となっている。

今回は阿蘇山から離れて阿蘇郡小国町のはげの湯へ行ってきた。
大分県九重町と小国町にまたがる小国富士とも呼ばれる涌蓋山の麓には、岳の湯・山川温泉・地獄温泉・麻生釣温泉・鈴々谷温泉、そしてはげの湯の6つの温泉地があり、それを総称してわいた温泉郷と呼ばれている。いずれもあまり観光地化されず、昔ながらの雰囲気が残る山あいの温泉エリアで周辺は道が細く、アップダウンの連続で、たどり着くまで不安になるほどのまさに秘湯だ。なかでも集落が湯煙に包まれるはげの湯に隣接した西里地区は風情があり旅館があるエリアよりも断然見所がある。
この日は午後から天気が怪しく雨が降り出したら黒川温泉や瀬の本方面をカットして引き返す旨ブリーフィングで説明してスタートした。

噴煙を眺めながら小嵐山の道へ

クルマが通らない農道のサイクリングは気持ちがいい
阿蘇では稲刈りの真最中

小嵐山頂上、ここで汗が一気に出てスカッとするが気温17度で肌寒い。
Stravaに「小嵐山TT」があって、現在トップは前回参加された岩男さんの16分11秒

ここからミルクロードまでの草原(牧野)の道が心地いい。

人が来ないため鳥獣も多くこの日は雌キジが目の前を羽ばたいた。

扇谷展望所跡
大観峰の麓にあるこのクネクネした蛇の道は現在通行禁止

阿蘇山を眺めるスポットしては個人的にはナンバーワン
大観峰より標高は低いが観光客のザワザワ感がなく自転車乗りはくつろげる。

前回から始めた参加者のみなさんに協力してもらうゴミ収拾は大観峰に行ってすぐの砂利の展望所で行ったがタバコの吸殻が多かった。
ここからミルクロード、212号に出て、そば街道を下り、南小国のコンビニで休憩したあとは開店前の茶のこさんの横を通って442号へ。387号に出たら上り坂が続く。木魂館の前を通り、すぐ裏にある北里柴三郎記念館(生家)が見えないかと思いながら通過し、北里川を渡って国道のクルマが多い坂を上る。こんなところ走らせたくないが「湯けむりの集落」を見るためには我慢。

わいた温泉郷(はげの湯)の看板から右折するとまたもや上り坂が続く。岳の湯地獄谷温泉裕花の看板があるところ左に折れ下って突き当りを右へ。田んぼのような道を上るとやっと湯けむりが見え西里集落に到着。ここまでずっとキンモクセイの匂いに包まれていたが、一気に硫黄臭が漂い風景の画面が変わる。

これを見せてやりたかった。
地下から蒸気が吹き出す音、それは熱さを感じるほど、湯けむりで見え隠れする集落、絶句する。この環境に人が住むことにも驚くが、当然ながらの温泉や暖房、蒸し調理という利点と、蒸気による電化製品の腐食という代償は厳しいと聞く。その全部がこの集落の道を通ると一目瞭然だ。これから寒くなるほど湯けむりが多く見えてくる。

白地商店の前の自販機で休憩していたらポツポツと雨が落ちてきた。天気予報的中。黒川温泉の露天風呂巡り気分の温泉街の散策も、瀬の本のトリムカンパニー訪問も、草原の道のダウンヒルも、すべてカットして最短コースで帰ることにした。アップダウンのファームロードから南小国、そば街道は木々に囲まれているからあまり濡れなかったが、霧に包まれた212号のダウンヒルは寒かった。

ミルクロードや阿蘇の峠道はスタートした道の駅阿蘇より3~4度は確実に気温が下がる。そして風があり、それで気温以上に寒くなる。汗をかいてのダウンヒルは真夏以外予想以上に冷え、雨に濡れたとなると指が硬直し凍える。これから先はウィンドブレーカーや雨具は阿蘇ライドの必須アイテムとなる。

ずぶ濡れでのゴールだったがみなさん満足されたよう、雨でも楽しい阿蘇ライド、10月も2回開催するので参加希望の方は道の駅阿蘇のホームページを是非。


阿蘇満喫モニターライドの開催日が決定!

このライドは、季節ごとのモデルコースを考えて、参加した方の感想や意見を聞きながら阿蘇のサイクリングコースを作り上げていこうというものです。
今回は、雲海シーズンとなってきましたので、早朝ライドとします。

申し込みは下記サイトからどうぞ。グループの方は参加者情報を明記されれば代表者のみで受け付けます。申し込み条件としてはエントリーサイトに明記してありますので必ず確認ください。特に自転車保険、個人賠償責任保険等の加入を必須とします。

お申し込みはこちら↓↓
https://docs.google.com/forms/d/1koEvs0sQp1-_USWXzDBk540CiO5DnHMnzszzQjeqZ_k/viewform?edit_requested=true

 

プライベートなライドなのでエントリーフィーは不要ですが、撮った写真や動画は、阿蘇サイクリングの広報を目的に、道の駅阿蘇や自転車雑誌・サイト、及びコルナゴ部長のブログやFacebook等に使用しますのでご理解くださいませ。

【イベント詳細】
日程:10月13日(日)
時間:5:00~13:00(予定)
集合時間:5:00
集合場所:道の駅阿蘇 バイクラック周辺(時間厳守)
募集人数:20名

※ 中止の決定は、前日の午前中の天気予報で判断させていただきます。
※ 雲海は自然現象ですので、必ず見れるとは限りません。

10月は、26日も「阿蘇満喫モニターライド」が開催予定です。
募集開始となりましたら、道の駅阿蘇HPでご紹介しますので、もうしばらくお待ちくださいませ

 

☆☆阿蘇アクセスルートのおススメはこちら!☆☆

☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*

道路情報や店舗情報など道の駅阿蘇Facebook道の駅阿蘇ホームページでもお知らせしておりますのでご活用下さい。

道の駅阿蘇(NPO法人ASO田園空間博物館)

TEL:0967-35-5077

HPhttp://www.aso-denku.jp/

阿蘇市内の地図はコチラから

あかうしのあくびvol.24

 

道の駅阿蘇は、9時~18時まで営業中。

道の駅阿蘇ネットショップ」で阿蘇の特産品絶賛販売中です!

 

.☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆..☆*+゚*+゚☆*+゚*+゚☆*+゚*

カテゴリー: イベント情報, おしらせ, 道の駅阿蘇 ブログ, 阿蘇のイイとこ紹介集   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

関連記事

コルナゴ部長こと中尾公一さんレポート「見学が再開された阿蘇中岳火口へ」

コルナゴ部長こと中尾公一さんよりレポートをいただきました。 火口見学が可能になって初めての「阿蘇満喫ライド」の様子をご紹介します。 ...

コルナゴ部長こと中尾公一さんレポート「熊本駅から阿蘇駅へ輪行」

コルナゴ部長こと中尾公一さんよりレポートをいただきました。 豊肥本線が全線開通しましたので、皆様もぜひ輪行体験されてみてはいかがでしょ...

9月13日・26日に「阿蘇満喫モニターライド」が開催されます!

コルナゴ部長こと中尾公一さんプロデュース「阿蘇満喫モニターライド」のご案内です。 9月の阿蘇満喫モニターライドを募集します。 ...

コルナゴ部長こと中尾公一さんレポート「真夏の阿蘇を涼しく走る2」

コルナゴ部長こと中尾公一さんよりレポートをいただきました。 8月16日に開催された「阿蘇満喫モニターライド」の様子をご紹介します。 ...

コルナゴ部長こと中尾公一さんレポート「真夏の阿蘇を涼しく走る」

コルナゴ部長こと中尾公一さんよりレポートをいただきました。 8月7日に行われた「阿蘇満喫モニターライド」の様子をお届けします。 ...

特典がいっぱいの「とことん満喫!阿蘇サイクリング」をご紹介!

みなさんこんにちは!ルカです! 本日は、「とことん満喫!阿蘇サイクリング」をご紹介! 「とことん満喫!阿蘇サイクリング」とは、全国の...